旅行やガーデニング・フラワーアレンジなど趣味や日常の生活を自分への日記として綴ります。
フレッツ光から電話があって支払先が変更になるからと電話で手続きのようなことをしたと同僚から聞いた。
最初は現在契約しているNTTのフレッツ光(と名乗ったらしい)からの電話で説明後、10分後に変更になる会社からかかってくると言われたらしい。

その通り、新しく変更になる業者から連絡が来て電話口で言われるままにNTTのサイトを開き何か手続きをしたらしい。今払っている料金など、契約内容が全て見えるらしく不要なものを止めてくれて1000円近く安くなった。

突然の電話なので大丈夫かなとは思ったらしく、変更先からかかってきた電話に本当に大丈夫なんですか?と聞いたらしいが。。。
大丈夫ですと言われ(まぁそう言うでしょう)、その時聞いた感じでは要らないものを見直ししてくれて良かったって感じで終わったそうだ。

うちもフレッツ光だけどそんな電話ないけどな~と思った。まぁ、フリーダイヤルは着信拒否にしているから掛かって来ても繋がらないんだけど。
その後、我が家もちょっと見直ししたけどもともと最低限のものしか契約してなかったからプロバイダーを変えない限りこれ以上安くならなかった

その後、同僚がこの間のフレッツ光の件、口座引き落としなどの提出書類が届いたんだけど・・・と相談された。
詳しく聞いたら契約期間3年・解約の場合は3万位、更新月の解約は7500円位取られるという事を聞いた。
更新月でも解約金取られるんだ!!
書面が届き、冷静に読み、この会社を調べたらかなりの悪評と知ったらしい。

もしかしたらNTTの方から電話しました~とかいうなんちゃってNTTか?
案の定、そうだったらしい。
そもそも最初の電話もNTTではなくフレッツ光の代理店だったようだ。最初から話が全く違う。
しかも、夕方の忙しい時間に掛けてくるのも手なのかな。

電話でフレッツ光のサイトにアクセスさせて、言われるがままに操作して気付いたら転用手続きを完了してしまってた。
これって振り込め詐欺と一緒じゃん!!
聞いてて腹が立ってきた~。

あとで私もその業者を調べたらやっぱり同僚と似たような手口で切替えさせられていた。
とりあえず、NTTフレッツ光で何とかなるか電話し、次に消費者センターからこういう場合のアドバイスをもらい、その後悪徳業者にすぐ電話するよう勧めた。一刻も早く!!と。

電話での契約は有効にならないのでは?と思うが、ネットでは有効になるようなことも書いてあった。
クーリングオフがどの状態の日からになるのかわからないけど、とりあえずダメもとでも早く行動しないと!
解約金も説明しないってのもひどい話だ。

家では振り込め詐欺対策として0120のフリーダイヤルや非通知は着信拒否、知らない電話番号も出ないことにしている。
用事があれば留守電に入れるわけだし。
確かに、この電話機に変える前はよくフレッツ光の代理店から電話がかかって来ていた。
それと一緒なのかもしれない。お得な話は向こうからかかってくること少ないから怪しいと思った方が良いかもしれない。

その後を聞いたらフレッツ光の転用サイトのお問い合わせがようやく繋がり、説明したらお得になるからいいじゃないですか~と言われたそうだ。フレッツ光から外部業者に出るのにいいんじゃないですかって・・・転用するとNTTにもお金が入るのかしら?
調べてもらったら既にフレッツとの契約が解除され、加入業者に移っていた。再度フレッツ光に入る場合は新規契約&工事などの費用も発生。この話を聞いて諦めてしまった。

だったら同僚はドコモを利用しているからドコモ光の方がお得だったと思う・・・
しかも、こっちから業者を選んで変更すればキャッシュバックとかもあったのに、掛かってきた電話で手続きしたから何のメリットもない。
電話で勧誘するのってこのキャッシュバックを狙っているのでは?と思った。

電話勧誘には気をつけましょう。
関連記事
スポンサーサイト

【2017/02/03 】 | その他
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック