旅行やガーデニング・フラワーアレンジなど趣味や日常の生活を自分への日記として綴ります。
先日、NHKのEテレ「チョイス」という番組で2週にわたって目のことを特集していた。

加齢黄斑変性の時は見えづらさを体験するゴーグルを付けて司会者が体験していたが、笑いながらこれすごい!などと話していてちょっとむかついた。
目が悪い人は見えなくて苦労しているのにあんな笑いながら話すなんて・・・
ちょっと腹が立ちました。

網膜剥離の放送では女性が手術後2ヵ月半でテニスをしていた。
そんなにすぐに出来るんだとビックリ。
しかもコンタクトをしているようで、視力低下や見えづらいなどと言う話は一切言っていなかった。
羨ましすぎて落ち込んだ。
術式が良かったんだろうか?まぁ剥離の場所や放置時間も影響するから人それぞれはわかるんだけど・・・
わかるんだけど、やっぱりうらやましい。

年配の男性も網膜剥離ではないが歪んで見えたりしてたのが、術後本も読めるようになり快適に過ごしていると言う事を話していた。歪みが治る。またまた羨ましい。

良い例の人だけを放送したのか?手術後、視力低下や歪んで見えることもあるなんて話は出なかった。
もっと色々な症状が出るとか食べ物などの予防法も紹介して欲しかった。
関連記事
スポンサーサイト

【2017/04/27 】 | 目の病気
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック