旅行やガーデニング・フラワーアレンジなど趣味や日常の生活を自分への日記として綴ります。
入院14日目
今日も違う先生の診察。
まだガスは残っているがそろそろ退院の方向で執刀医の先生と相談して決めましょうと言われた。
やっと「退院」と言う言葉が出てきた!

目をつむるとまだ黒い輪が見える。サークルコンタクトみたいな感じ。
次第に消えていくそうだけど目を開けても真ん中くらいにあるから見えづらい。

夕方、再度診察に呼ばれた。
剥離専門医の集団診察だった。
もう退院で良いんじゃない。家でも右向き姿勢であとは(主治医と)相談してと言われた。
ガスはまだ20%くらいあるらしい。

あとは執刀医の先生の診察時に色々と退院について決めると思ってたら、看護師が病室に来ていつ退院しますか?と聞きに来た。まだ執刀医と相談してないから退院はすぐにはできないのでは?と言ったら、剥離専門医が退院って言ったので明日以降で大丈夫ですと言う。
それならば明日が良いとお願いした。

やっと退院が決まったー!!と喜び、皆に連絡をした。
が・・・!!
今朝診察した先生が慌ててきて、訂正に来た。
剥離専門医が退院って言ったけど、執刀医とまだ話をしていないから退院はそのあとになりますと。
すみません。と謝られた。
明日、退院できるかもしれないし2~3日後になるかもしれなと。
確かに執刀医もまだまだと言ってたからおかしいと思ったんだ。

そういえば、他の人は退院前に写真を撮ってそれで退院できるか確定してた。
私はまだ術後一度も写真を撮ってない。
網膜の状態を写真で確認してないのに退院できるわけないよね。
剥離専門医もそういう事も含めて相談って言ったと思う。

看護師の早とちりでぬか喜びしてしまった。
みんなにもいっちゃったよー。
かなりショック。
関連記事
スポンサーサイト

【2017/05/06 】 | 目の病気
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック