旅行やガーデニング・フラワーアレンジなど趣味や日常の生活を自分への日記として綴ります。
大学病院でメガネ外来を受診。
担当医の最初の話では普通のメガネ屋では手術した目の視力は矯正出来ないから病院でメガネを作ることになると言われた。高そうだし、近所じゃないから何かあってもすぐに対応してもらえない。やだなーと思った。
次の診察では病院でメガネの処方箋をもらい近所のメガネ屋で作ると言われた。良かった-。

そう言われたので、地元のメガネ屋で作るつもりでいた。
事前に話も聞きに行っちゃったし。

でも、いざ検査に呼ばれたらメガネ屋さんだった。
うちに任せてもらったら目に合うものを作るからと。
都内の大学病院にも入っていて手術した人のメガネを沢山作っているらしい。
実績ある専門店。値段もちょっと高いけどねと。

高いのはわかっていた。でも、仕方ないと思いお願いすることにした。

私が今まで使っていたメガネは度が強かったらしい。
弱く作ったつもりなんだけど・・・
今までも目に合ってないメガネを使っていたようだ。
やっぱりちゃんと調べてもらわないとダメだなと思った。
しかも老眼が入ってきてるから作りなおす時期だったのかも。

これだと楽でしょ?と言われても大して変わらなかったりしたので、あーでもない、こーでもないと言ってたら1時間半経過。
次の患者さんに怒られちゃう・・・って。

目を守るには、もっと弱めに作った方がいいと。
仮に設定したメガネだと近くの本もメガネをかけたまま自然に見える。
その分、遠くが弱いけど。
十分見えてるのに見えてないと思ってしまっているらしい。

床を見るとボワンとするのを話すと裸眼に近い状態にしているから仕方ないらしい。
本当は私が求めるはっきり見えるメガネを作るのが簡単だけどそれだと私の眼にはかなりの負担になるから良くないらしい。
それだとメガネ屋さんが逆に納得できないらしい。
プロ根性ってやつですか~。

メガネ屋さんが持参してきたフレームが申し訳ないけど高い割にどれもちょっとイマイチだったので、自分が昔使っていて結構気に入ってたセリーヌのメガネを出したらそれで作れるとの事。
フレーム代がタダになりレンズ代だけで済んだ。
と言ってもレンズが結構お高い。

ブルーライトカットとかリサーチしたメガネ屋で聞いた紫外線の次の光をカットするレンズとか付けたい・・・と話したら、まぁプロなので私以上にわかってる
ブルーライトカット以外にも網膜にもいいレンズなどを入れてくれると言う。
薄型になるのか聞き忘れたけど今どきはきっと薄型だと信じてる

持参したメガネもずり落ちると話したら調整してくれた。
今までのメガネ屋の調整と違い、しかもずれなかった。

出来上がりは1週間後。
近くも遠くも楽に見えるメガネが出来ます様に
関連記事
スポンサーサイト

【2017/07/05 】 | 目の病気
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック